リスキリングをお考えの法人の方へ

今ならリスキリングとして研修を受講するために助成金がご利用いただけます。

岸田文雄首相は31日、働く人の学び直し(リスキリング)の重要性を考えるシンポジウム「日経リスキリングサミット2023」(日本経済新聞社主催)にビデオメッセージを寄せた。官民が連携してリスキリングを広げる重要性を訴えた。政府として個人のリスキリング支援に5年間で1兆円を投じる方針を紹介した。            
(引用:日本経済新聞 2023年8月31日電子版)

政府がリスキリングを推奨する主な目的は、技術の進歩や市場の変化に伴い、労働市場の需要が変わる中で、労働者が現代の職業に必要な新しいスキルや知識を身につけることを支援することです。これにより、失業を防ぎ、経済成長を促進し、労働者のキャリアの安定と成長を支援することができるからです。

※助成金の詳細についてはこちら(厚生労働省)

助成金とは、企業や団体の特定の活動や事業を支援するために、国が審査などの手続きを経て提供する事業資金の事です。通常、まとまった額の資金を、無償で受けることになり、新しい活動の立ち上げや新たな事業展開のために有効な財源となります。助成金の受給には、労働局へ申請し審査を通る必要があります。

― 助成金を利用するには

弊社では主に、厚生労働省の人材開発支援助成金 「事業展開等リスキリング支援コース」 を推奨しております。利用するにあたっては、企業様の受講目的と内容が助成金の趣旨にあっていることが必要です。企業様の受講目的等により 「人材育成支援コース」 に該当する場合もあります。
もし、ご不明の点がございましたらお気軽にお問いあわせください。

人材開発支援助成金は、事業主が雇用する労働者に対して訓練を実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部を助成する制度です。

■対象者
・事業主:雇用保険適用事業所の事業主
・労働者:雇用保険被保険者

■訓練
① 訓練時間数が10時間以上であること
② OFF-JT(企業の事業活動と区別して行われる訓練)であること
③ 職務に関連した訓練で、以下のいずれかに該当する訓練であること
 i.企業において事業展開を行うにあたり、新たな分野で必要となる専門的な知識および技能の習得をさせるための訓練 
 ii.事業展開は行わないが、事業主において企業内のデジタル・デジタルトランスフォーメーション(DX)化やグリーン・カーボンニュートラル化を進めるにあたり、これに関連する業務に従事させる上で必要となる専門的な知識及び技能の習得をさせるための訓練

助成率・助成限度額

受講者1人あたりの経費助成限度額(対訓練時間)

― 一般的な助成金申請の流れ

― 弊社が提供する助成金対象講座

 この講座は、基礎的なIT技術を学び、それを実際の仕事で使えるようにするためのものです。参加者は、問題解決のスキル、ITインフラを安全に運用する方法、そしてビジネスをデジタル化する技術を身につけます。これにより、仕事の効率を上げ、DX化の小さな第一歩となることが目的です。

― DXについて

DXは、今やビジネスの成功のための不可欠な要素となっています。そして、その中でも人材不足の解消という大きなテーマに対して、DXは最も有効な手段として期待されています。デジタルの時代に適応し、人材の課題を乗り越えるため、DXへの取り組みを始める最適なタイミングは、まさに今だと思います。

― お問い合わせ

助成金の詳細や申請方法に関しまして、ご不明点・不安点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
3営業日以内に担当者よりご連絡差し上げます。

TOP