クラウドのポイント

point

・クラウドとは

アプリケーションやOS、ネットワークやストレージなどのコンピューターリソースを
インターネット経由で利用する形態のこと。
簡単に言えば社内にあったサーバーがインターネット側に置かれるイメージです。
「それってホスティングと同じじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
サーバーとクライアントでやり取りするという点に置いては同じなのです。

まずは、クラウドサービスの3階層について説明します。

・IaaS(Infrastructure as a Service)
サーバーのハードウェアやネットワーク、OSなどのインフラ部分をインターネットサービスとして提供。

・PaaS(Platform as a Service)
アプリケーションの開発や実行が可能なプラットフォームまでをインターネットサービスとして提供。

・SaaS(Software as a Service)
ソフトウェアをインターネットサービスとして提供。

このようにクラウドを導入と言ってもサービスのレイヤーによってクラウド化する箇所が違うのです。

・クラウドの利点と欠点

クラウドが利点しかなければ世界には通常のソフトウェアやサーバーが無くなっているはずです。しかし実際にはクラウドの占める割合は増えてきていますが、全てをクラウドにするには程遠いという現状があります。
それはクラウドにも欠点があるからです。
まずは利点から見ていきましょう。

・IaaS
インフラ設備が不要。
性能が必要な分だけすぐに調達出来るため、オーバースペックな性能見積もりが不要。
HW故障時の交換対応や定期メンテナンスはクラウドサービス提供会社が行うため、不要。

・PaaS
開発、実行環境が構築済みの為、サービス開発に注力出来る。
リードタイム短縮によるコスト減。
サービスイン後のスケールアウトの柔軟性。

・SaaS
ソフトウェアの導入やアップデートの管理が不要。
製品購入ではない為、試しの導入などが低コストで可能。

<全体的なこと>
機器の調達や管理コストが低い。
導入時間短縮。
一元管理による管理簡略化、資源の見える化によるリソース最適化。
専門のプロバイダが用意したセキュリティーや可用性が利用できる。

次に欠点。
・IaaS
サーバー構築、運用管理のスキルが必要。
クラウド特有の管理ツールなどの使い方を覚える必要がある。

・PaaS
開発環境、使用言語はクラウドプロバイダーに依存し、
展開するサービスを別プロバイダーに移動しづらくなる。
(クラウドプロバイダの倒産や値上げなどのリスクが大きい)

・SaaS
下層レイヤーの障害でサービス停止になると全社でソフトウェアが使えない事態が発生する。
導入企業ごとのカスタマイズが基本無い為、
ソフトウェアのアップデート等で強制的に不慣れなUIを使用しなくてはいけなくなる。
回線品質が悪い場合、ソフトウェアのレスポンスが悪くなる。

<全体的なこと>
個人情報の取り扱いや内部統制報告書、SLAなどをクラウドプロバイダーに確認しておく必要がある。
実際にデータが保管されている国の法律で情報の取り扱いが変わったり、管轄裁判所が海外の場合がある。
クラウド側のトラブルで業務が停止するリスクがある。

・クラウド化

ではクラウド化するにあたってどこから手を付けるか考えましょう。

・導入の効果を考える。
管理コスト削減、時間短縮などいろいろなメリットはありますが、
全ての会社に一律で同じメリットがあるわけではありません。
クラウド導入でどのくらいの効果があるのか、金額ベースで比較しましょう
まずは現在のシステムのコストを算出します。
–インフラのハードウェアの購入、維持、保守費用。
–サービス提供の為のサーバー運用費。
–システム開発時の環境構築にかかる時間。
–システム管理費用
etc..

次にIT資産の内、どの部分をクラウド化するのか考えます。
業務システムを社内サーバーからクラウド化するのであればIaaSやPaaSを導入し
個別のPCへインストールしているアプリケーションをクラウド化するのであればSaaSを導入することになります。
そしてクラウドサービスの料金の他に、クラウドを運用する人材教育費やシステム移行費などがかかります。
また、クラウドサービスはおおよそ従量課金の為、定額コストにはなりません。現在のシステム利用状況にマッチしたクラウドを導入する必要があります。

さらに導入の効果はプラスになる場合だけではありません。
既存のシステムをインターネットに置くということはデメリットも出てきます。
–データの管理(バックアップや保管場所など)
–セキュリティー
–可用性
–ライセンス管理
–レスポンス低下
–サービス継続性
これらの要件がクラウド化により満たせるのか確認しておく必要があります。
特にクリティカルなシステムでは品質保証制度(SLA)を確認しておくことが重要です。

また、自社開発のシステムをクラウドに移行する際にはクラウド向けに手入れをしないといけない場合があります。
これはクラウドが仮想化や分散処理といった技術の上に成り立っている為、そこを考慮しなくてはいけないからです。
例えばデータベースなどでパフォーマンスを出そうとするとRDBより分散KVSのほうが向いていますが、データーベースの構造や考え方が異なる為、開発コストがかかります。
さらに、環境に合わせた開発言語やクラウド向け技術の習得など開発コストも上がります。
財務や人事などのERPであれば、クラウド化を機にクラウド向けのパッケージを導入し、
業務をパッケージに合わせて最適化することもコスト面からは検討の余地があります。
これらのコストを総合的にみてクラウド導入を判断する必要があるのです。

ここまでコスト削減という視点からクラウドについてお話ししてきましたが、
コスト削減は言わば既存の置き換えに過ぎません。
クラウドのイノベーションは新しいビジネスとしての価値を創造することにあります。
クラウドでしか実現不可能な価値を生み出すことこそが本領とも言えます。
社内のシステム間のクラウド連携や、知識データベースと現地情報からの分析、予測など
広いフレームで連携することが可能となります。
また、会社の枠組みを超えて業種やエリアでの統合的なクラウドなど分散したものを集約するのにクラウドは強さを発揮します。

弊社でもITコンサルタントを請け負っておりますが、コスト削減を目標にクラウド化を進めるのであればまずは社内で業務の整理をし、IT資源の見える化をした上でクラウド化の是非をご一考下さい。
クラウド化の文言に踊らされずにまずは今後のビジネスの変化に本当に必要なのかを考えることが大切です。

・クラウドの今後
ITのサービスにおけるクラウドの重要性は今後高くなることが見込まれます。
クラウドはリソースの再利用、有効活用であり、低炭素社会実現の視点からも利点があります。

  • 参考資料
  • CSAガイダンス(クラウドセキュリティアライアンス)
    総務省 情報通信白書

    TO TOP