SEOのポイント

POINT

・SEOの基本

一言で言えば「Googleに評価されるWEBサイトを作ること」

SEO対策というと一昔前まではリンク数を増やす、キーワードを多く入れる、ページ数を増やすなど単純な物ばかりでした。
これは当時の検索エンジンのアルゴリズムが単純だった為ですが、現在この対策は無意味、場合によってはマイナス評価を受けます。
WEBマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ではGoogleの評価するWEBサイトとは何か。それは「ユーザーにとって価値があるもの」です。Googleの検索エンジンも日々進化しており、このユーザーにとって価値があるものを「自動的に判定」するような仕組みを作っています。
この自動判定こそが検索結果で上位にくるか否かの分かれ目なのです。
ではユーザーにとっての価値とはどういう物なのでしょうか。

・ユーザーにとっての価値があること

1.欲しい情報が記載されている
2.オリジナルコンテンツ
3.豊富な情報量
4.見やすい構成

1から3については企業の独自性や他社にはないノウハウを公開するなどの手段があります。
情報公開というと抵抗が大きい方も多いかもしれません。
だからこそ先陣を切って公開することで価値が高まるのです。
検索エンジンは同じような情報や文章が多い場合、評価を下げる傾向があります。
同じ文章がある場合、先に公開している方が評価が高いのです。
このような手法をコンテンツSEOと呼びます。
コンテンツで勝負できる場合、検索エンジンのアルゴリズム変更等で右往左往する必要がありません。価値あるコンテンツには常に人が集まります。

4.についてはある程度決まりがあります。
SEOスターターガイド
これはGoogleのクローラと呼ばれる巡回プログラムがサイト内部を解析しGoogleのデーターベースへ登録する為、正しく解析できるようにすることで検索結果順位への影響がある為です。googleはHTML文書の集積としてのWEBではなく、コンピューターにとっても意味を持つセマンティックWEBを目指すことでWEBを集合知として活用していくようです。

・売上につなげるSEO

検索順位が低くても売上が上がっている会社もあれば、
検索順位が高くても売上になっていない会社もあります。

結論から言えば、我々が求めていることは検索順位を上げることではなく、売上を上げること。この目的がブレてしまっては意味がありません。
ではどのように売上につなげるのでしょうか。

・コンテンツマーケティング
CMI(コンテンツマーケティング協会)
先ほどのコンテンツSEOと名前が似ていますが、コンテンツSEOは検索エンジンへの対策であり、コンテンツマーケティングはコンテンツSEOも包括したビジネスとしての概念です。
ユーザーを理解し、欲する情報、価値を提供すること。
これだけです。メディアについての言及もありません。時代に合わせたメディアを使えば良いのです。

・ユーザーを理解する
検索サイトからやってくるユーザーはその時点で既になんらかの欲求があります。
どのようなユーザーがどのような動機でどのくらいの知識を持ってあなたのページにやって来ているのか。この要件定義にはペルソナ/シナリオ法が使われます。

仮想のユーザー像(ペルソナ)
動機やシーンの推測(シナリオ)

この2つの要素から推測される欲求を満足させるページを作成すればよいわけです。
では、どのように推測するのか。

一番確実なのは対話です。
こちらから情報を発信し、そのリアクションを受け取る。その中で推測していくわけです。
あなたのWEBサイトを一番熱心に読むのはあなたのファンです。
あなたの新しいビジョンやアイディアを継続してユーザーに発信してください。
売上を上げるには物を売るのでは無く、ファンを作ってください。
共感を得ることができれば自ずと売上は上がっていきます。

・メディアと広告

では対話するには、どうするのか。

まずはトリプルメディアについて説明します。
・ペイドメディア:マス、バナー、リスティング広告などのお金を払って利用するメディア。
・オウンドメディア:自社WEBサイト、メールマガジンなど所有しているメディア。
・アーンドメディア:口コミやSNSなどのユーザー主体のメディア。

トリプルメディアにはそれぞれ一長一短があります。
ペイドメディア
–長所:瞬間的な集客。企業イメージのコントロール。
–短所:費用。コミュニケーション。

オウンドメディア
–長所:見込顧客の獲得。企業イメージのコントロール。ブランディング。
–短所:コミュニケーション。

アーンドメディア
–長所:コミュニケーション。
–短所:企業イメージのコントロールができない。

従来の広告概念ではペイドメディアでユーザーの注意を引くことにより購買行動を促していましたが、インターネットという情報流入経路が確立された現在ではユーザーは様々な情報の中から取捨選択をします。
したがって一方的な広告より、自分で選択した情報、口コミを重く見る傾向があります。
広告手法としては注意を引くことから共感を得ることに変わってきています。

では「新しいビジョンやアイディアを継続してユーザーに発信」するにはどのメディアが適しているのでしょうか。
それはオウンドメディアです。新しい情報の発信元は常にオウンドメディアであるべきだと考えます。メッセージの継続性、一貫性、信頼性を確保する為には安い費用で安定した基盤が必要だからです。

オウンドメディアの短所であるコミュニケーションはどのように解決するか。
これはユーザーを理解しファンを作る為の重要なポイントです。
SNSを使い個々にコミュニケーションをとることも可能ですが、SNSのリスクの高さは皆様ご存じの事と思います。

・信頼性の高い情報を発信し続ける。
あなたの情報に価値を見出したユーザーは情報を共有、拡散し始めます。(それは引用であったりリンク貼付やツイート、口コミかもしれません)
この時点でGoogleの検索エンジンはあなたのWEBサイトを有用と評価し、検索結果の上位へと表示するようになります。
あなたのページでしか得られない情報はブランド力としての価値を持ちます。
ユーザー登録者向けのさらなる情報発信、情報共有されたネットワークのコミュニティ化など、広告も含め戦略の幅は広がります。
ユーザーへの広告はユーザーのコンテクストに合わせて打つことが効果的であり、それはユーザーにとっても有用なのです。
Googleの検索エンジンもキーワードからコンテクストが一致するものを返すようになっています。

ここから先は各企業の戦略により独自性、ブランド力を育てる、ブランディングという分野になります。ブランドは企業とユーザー双方のイメージにより育ちます。
だからといってユーザーに迎合してはいけません。あなたのコンテンツがハイコンテクスト(暗黙的な知識を有する)であるなら無理にローコンテクスト化する必要もないのです。
専門分野やニッチな市場は規模が小さいため、売上が頭打ちになりやすいという問題はあります。しかし、WEBの世界は広大です。海外に支店を出さなくてもWEBサイトをローカライズすることであなたのWEBサイトを訪れ、共感してもらえる可能性も十分あるのです。

一般化し過ぎたサービスは価格競争に巻き込まれてしまいます。
あなたの知識、技術、サービスは安売りしてはいけません。ブランド力を高めユーザーに選ばれる努力をするべきです。
例えばあなたが一個1000円のリンゴを売りたいと思ったら、1000円で買ってくださいと言うべきではないし、500円で売ってもいけません。
リンゴについての深い知識とその素晴らしさについて情熱を持って熱弁をふるうのです。
大半の人は去っていくかもしれませんが、あなたに共感を得た人たちは1000円のリンゴを何度も買ってくれるリピーターとなります。

SEOの話とは少し離れてしまいましたのでここまでに致しますが、話をまとめると
1.SEOはGoogleの意向(ユーザービリティ)にどれだけ沿ったものであるかが重要。
2.SEOは形式的に実施するもの(ホームページの構造、メタデータなど)と、コンテンツを中心に据えた方法がある。
3.SEOを売上につなげる為にはユーザーの共感を得る必要がある。

弊社ではWEBサイト(オウンドメディア)のプランニングも致しております。
WEBサイト作成

TO TOP